Menu

在宅医療・終末期医療

Home

終末期医療について

治療を見込めない疾患の終末期にある方には、家族の方々と地上で残された貴重な時間を共に過ごしていただくことが大切です。
できるだけ快適な生活空間を提供したいと考え、1床のワンルームマンション形式の病室を準備しました。

終末期対応入院施設

終末期対応入院施設

・「生きているように自然に死をむかえる」ことが大切
 であると考えています。
・人工的な延命は
 苦痛をながびかせることにつながりかねません。
・自分らしい死を迎えるのに一番ふさわしい場所は
 住み慣れた我が家だと思っています。

しかし様々な事情により自宅で過ごすことが困難になったとき、自宅に代わる場所があれば天国に旅立たれる方も見送る方も安心してその時を迎えることができるのではないでしょうか?
広くてゆったりとした室内を見渡せる位置にミニキッチンを設けました。
自宅にいるのと同じようにご家族の方の手料理を楽しんでいただけるよう、また料理をされる方もいつも顔をあわせていることができるように配慮しました。
トイレが車椅子対応で浴室、シャワー、洗面台も備えております。

在宅医療の必要性

人生の完成期を「いろいろな思い出が詰まったわが家で思いのままに過ごす」ことは人生の集大成ともいえるくらい大切なことだと考えています。
私たちは安心してご自宅で療養を続けていくことができるようにお手伝いをしたいと考えています。

「最期までご自宅で過ごしたい」と考えられてる方や「最後まで一緒に過ごしたい」とお考えのご家族のかたがたの思いをサポートしたいのです。
自分の最期をどのように迎えるのかをじっくり考え、最もふさわしい方法を選んでいただきたいと願っています。
もし、今まで家族と一緒に生活してきたように療養を続けていこうと思われるなら、ご家族と一緒に過ごす時間を大切にします 病状の変化に早期に対応できるように、ご家族の方にも在宅療養に参加していただきます。
また、ご自宅で看取りを希望される方には最期まで自分らしく生き自然な最期を迎えることができるよう病状によっては、痛みの軽減のために医療用麻薬を使用することもあります。
入院が必要となった場合には、すみやかに移行できるように他の医療機関とも連携をしています。
病院での治療が終了した方や介護が必要になった方など、あきらめずにまずご相談ください。

かかりつけ医としての当クリニックのとりくみ

・患者様の医療相談に対応します
・介護保険についてのご相談に対応します
 『デイサービスセンター サザンクロス』と緊密な連携を行います
・介護保険主治医意見書を作成します
・在宅療養支援診療所として
 通院が困難になった患者さまへの訪問診療を行っています

緊急連絡先:072-462-0550